【2017年最新版】専門家が”絶対に”おすすめしたい制服買取サイトはここだ!買取業者比較と高く売る方法
高校・中学校制服買取はスクユニ

箱に詰めて送るだけ 買取キットのお申し込みはkちら! 査定・送料無料 ダンボール・着払い伝票・申込書 買取を申し込む

【2017年最新版】専門家が”絶対に”おすすめしたい制服買取サイトはここだ!買取業者比較と高く売る方法

制服買取は法律的に大丈夫?

制服を売ることをお考えの方の素朴な疑問、制服を売るのって危険じゃないの?
制服買取業者ランキングって本当に正しいの?
ヤフオク、メルカリで制服を売るのは違法?
高く売るための方法は?
制服買取業者選びってどうやってするのが良いの?
個人情報の流出の危険がない買取方法は?

など制服を売却する際に必要な情報を集めました。この記事を読めば制服をどうやって売却すれば良いのかをまとめてありますので売る前に必読です!

制服買取は法律的に大丈夫?

制服買取は法律的に大丈夫?

中学校を卒業した時や、高校を卒業した時など、手元には「もう着ることのない制服」が残りますよね。

制服は、あなたがその中学校やその高校に通っていた3年間という時間を、一番近くで見守ってくれていた大切な思い出の品です。しかし、思い出の品であると同時に、手元に置いておくとかさばる上に、特に使い道がないので場所だけはやたらと取る少し厄介なものでもあります。

もし、その制服をあなたが「このまま手元に置いておくよりも、役に立つ人の手に渡った方がその制服のためにも良い」と思うのであれば、制服の買い取り業者を利用するという方法があります。中学校や高校の制服というのは、専門の業者に買い取ってもらうことが可能なのです。特に、高校を卒業したばかりの大学生で、一人暮らしをしている方などは、1万円や2万円といったお金が手元にあるだけで、生活が少し変わるのではないでしょうか。制服というと少し特殊なもののように感じるかもしれませんが、ジャンル分けすれば衣服ですので、一度あなたが着た制服は古着ということになります。

制服の販売という言葉を聞くと、1990年代に流行した「ブルセラショップ」を連想する人も多いと思います。確かに、そのような制服マニアの方に使用済みの制服を販売する怪しい業者も存在します。また、インターネットオークションなどを利用して使わなくなった制服を販売する方もいるようです。制服を販売するためには、さまざまなルートがありますが、これらは法律的に違法にはならないのでしょうか?

結論から言えば、あなたが今手元にある制服を販売するだけであれば、どのパターンの売り方をしたとしても、違法にはなりません。もし違法になるとしたら、あなたが同級生の制服を集めて、まとめて販売したり、何度も販売したりと、業者のような売り方をした場合です。このような反復継続した販売を行う場合は「古物商」の許可が必要になります。古物商が行う古物営業は、未成年者が許可を得ることができないため、中学校や高校を卒業したばかりの方は、個人的な制服販売以外はすることができません。

逆に言えば、自分の制服を個人的に売るだけであれば、法律には違反しないのです。ただし、販売する相手側が法律に違反している可能性はあります。

例えば、今説明したような、古物商として認可されていない会社の場合です。制服に限らず、リサイクルショップであっても古着屋であっても、使用済みの商品を販売するためには、古物商の許可を得なければいけません。しかし、実際にはその許可を得ずに営業を行っている制服買い取り業者も多くあるようです。また、古物商は買い取りを行う際に、買い取り価格が1万円以上になる場合、販売者の身分証明書の提示や個人情報の取得を求めます。これは法律上義務づけられていることなので、逆にこの個人情報の取得を行な行わない場合は法律違反となります。制服が1万円以上の価格で販売されるにもかかわらず、個人情報の開示を求められない場合は、業者側が法律に違反している可能性があります。とはいえ、まずは業者側が合法であっても違法であっても、制服を売る側は法律違反にはならないということをまずは覚えておきましょう。

ヤフオク、メルカリ、ラクマなどに売るのはどうなの?

まずほとんどのオークションサイトでは、青少年保護条例により中古学生服の出品を禁止います。企業制服に関しては各会社が自社制服がオークションやフリマアプリに出品していないかをチェックして取り締まっているようだ。会社側とのトラブルを起こさないためには、新品であっても「制服買取にはオークションを利用しない」ことを徹底すべきだろう。またオークションサイト、フリマアプリでは制服を送る際住所を特定されてしまう。第三者に住所も公開し制服を売る行為は個人情報の観点からも非常に危険な行為と言えるでしょう。では、どうするのが一番良いのでしょうか?それはやはり個人情報保護を徹底した「公安委員会の認可」を取得した信頼できる買取業者に買取をお願いするのが良いです。

安心できる制服買取業者に売る

安心できる制服買取業者に売る

制服を販売する側は違法にならないと聞いて「それなら安心して制服を販売できる」と思う方も多いでしょう。しかし、注意しなければいけないことがあります。それは、先ほどもお伝えしましたが、1万円以上の販売価格になる場合、古物商は個人情報の開示を求めるということです。

つまり、制服の販売者は多くの場合、業者に対して個人情報を公開しなければならないのです。

自分の名前や住所を教える相手は、信頼できる業者にしておきたいですよね。しかし、だからといって匿名で制服を販売することができる業者に自分の制服を売るのはお勧めできません。なぜなら、個人情報を隠して制服を販売することが基本的に不可能だからです。もし、それが出来てしまう業者があるとしたら、逆に法律を守っていない怪しい業者ということになります。そういった法律違反を明らかに行っている業者と取引をするのは危険です。販売する業者選びは慎重に行わなければいけません。

また、1990年代に流行したブルセラショップに対抗するために、いわゆる「青少年保護条例」というものが各都道府県で制定されています。これは、制服を販売している生徒側に対する条例ではなく、買い取りを行う古物商側に対する条例です。この条例に違反した業者は30万円以下の罰金に処せられることになります。細かな部分はいろいろありますが、大きな部分で言うと、「未成年が衣服を販売しようとした場合、保護者の同行や保護者の同意を得ていなければ買い取ってはいけない」という基本的な方針が存在します。

ということは、古物商の許可を得ており、信頼できる買い取り業者に販売する場合は、あなたは保護者の同意を得るか、保護者に同行してもらわなければならないということになります。保護者に見られているとなると、「販売価格は高いけど怪しい業者」よりも「信頼できる業者」に販売したいですよね。あまりにも怪しい業者に依頼していたら、保護者にも変な目で見られてしまいます。

できれば、「利用価値のある制服を、これから同じ学校にかよう生徒に販売して、役立てたい」という社会貢献的な事業内容の打ち出し方をしている業者を選びたいところです。怪しい目的ではなく、しっかりとした目的で再利用を行っている業者に制服を販売することができれば、販売する方も気持ちがいいですよね。自分が3年間お世話になった制服が、また新たに同じ学校で思い出を作る役に立ってくれるなら、販売する甲斐があるというものです。

高額買取の他に比較すべき買取業者のチェックポイント

ここまでの説明を聞いていただいたら、単純に買い取り価格の高い業者に売ればそれでいいというわけではないということはお分かりいただけたでしょう。

もちろん、制服を販売する理由は、手元にある制服をお金に換えるためです。そのため、販売価格が高いに越したことはありませんので、それは1つのチェックポイントになります。しかし、怪しい業者と取引をするわけにはいかないので、その他にも制服の買い取り業者をチェックするためのチェックポイントがいくつか存在します。この項目では、そのチェックポイントを3つに分けてご紹介していきます。

1.買取の査定までにやらなくてはいけないことは?楽な方法は?

買取の査定までにやらなくてはいけないことは?楽な方法は?

まず、制服を査定するまでに最低限調べておかなければならないことがあります。それをせずにいきなり制服の買い取り査定に出してしまうと、怪しい業者にトントン拍子に話を進められてしまう可能性があります。

制服買い取り業者を探す際には、主にインターネット使用して探すことになると思います。「制服 買取」などといった単語で検索を行い、検索結果に表示された買取業者が候補になる可能性があります。また、「制服買い取り業者ランキング」のようなサイトで紹介されているサイトが候補になることもあると思います。

しかし、注意してほしいのは、そういったインターネットで検索して出てくる買取業者が必ずしもは信頼できる業者であるとは限らないということです。検索結果で1ページ目に表示される買取業者は、しっかりとした業者であるように感じるかもしれません。しかし、これは「SEO対策」という一種のインターネットに関する知識を有していれば、その業者の事業が合法であっても違法であっても、検索結果の上位に表示させることは可能なのです。

また、「制服買い取り業者ランキング」のようなサイトも100%信頼できるかといえばそうではありません。むしろ危険だと思った方が良いでしょう。そのランキングを作っている第三者は一体何のためにそのランキングを作っていると思いますか?もしその人が実際に自分の着ていた制服を制服買い取り業者に販売した経験があり、その経験をもとに「他の人にもこの情報を伝えたい」と考えて純粋に他の人のためにそのランキングを作っているのであれば話は別ですが。99%そのようなことはありえません。そもそも制服を販売するということは、中学校卒業時に1回、高校卒業時に1回、合計人生に2回しかチャンスはありません。ランキングを作れるほど何度も何度も個人的に制服を販売する経験がある人はそもそも存在するはずがないのです。

つまり、「制服買い取り業者ランキング」というWebサイトを制作している人は、自分自身が取引をしたことのない業者をさランキングの中に入れて記事を書いているのです。ではなぜそんなことをするのかというと、答えは簡単です。そのランキングに入っている買取業者から報酬を得るためです。そのランキングを見た人が、ランキング1位の買取業者のホームページのリンクをクリックして、実際に制服を販売したら、そのランキングサイトを運営している人に何%かの報酬額が入るという「アフィリエイト」というシステムもありますし、単純にそのランキングに名前を入れるために広告料を出しているという場合もあるでしょう。いずれにしても、そのランキングサイトを運営している人が利益を得るために作っているサイトですので、そのランキング自体に全く信憑性はありません。そのため、「検索したら一番上に出てきた」「比較サイトで1位だった」などといった理由でその買取業者を安易に選んではいけません。

しかし、検索結果に出てくるということは、ホームページが存在するということです。まずはそのホームページを見てみましょう。見てほしいポイントは2箇所です。1つ目が、住所が掲載してあるかどうかです。制服買い取り業者の中には、ホームページに住所の記載がないものがあります。事業内容に後ろめたさがないのであれば、住所を公開したとしても何の問題もありませんよね。自身の事業内容に後ろめたい部分があるからこそ所在地は載せていないという可能性があります。そういった住所が明確でない買取業者は選択肢から外して行った方が良いでしょう。もう1点が、運営責任者の氏名が明記されているかどうかです。買取業者の母体が株式会社なのであれば、なんという会社が運営しているのかも調べた方が良いでしょう。より細かい部分まで公開してあるホームページの方が信頼できます。逆に、隠されている部分が多いホームページの業者は、あまり信頼することはできません。

まずはホームページを見て、住所が書いてあること、責任者の氏名や運営会社についての情報がしっかりとは書いてあることの2点を確認してください。

そこまでの確認が終わったら、公安委員会の認可店舗なのか、古物商の免許は取得されているのかを確認。

個人情報の流出の可能性は必ず避けなくてはいけません。自分の個人情報を流出してしまってはいくら買取価格が高くても売却するべきではありません。そのためには公安委員会の認可店舗を選びましょう。また、併せて古物商の免許を取得している会社なのか、取得している場合は必ず会社概要やプライバシーポリシーなどに取得番号が記載されています。公安委員会認可店舗でない、会社概要がプライバシーポリシーが記載ない、古物免許の取得の記載がない買取サイトには決して販売しないようにしましょう。

2.買取査定から入金までのスピードは早いか?

買取査定から入金までのスピードは早いか?

査定から入金までのスピードが速いかどうかというのは軽視されがちな部分ですが、非常に重要なポイントです。

制服買い取り業者の中には、制服だけ郵送させて、入金を行わないといった悪質な業者も存在します。

また、悪質な業者ではなかったとしても、その業者の資金繰りに余裕がない場合は、キャッシュフローが生まれるまでに時間がかかってしまい、制服を郵送で送ったとしても、取引が成立してからいつまで経っても入金がないという場合もあります。場合によっては、その送った制服に売り手が付いてようやくキャッシュフローが生まれてから入金が確定するということもあるかもしれません。

簡単に言えば、取引が成立してからすぐにお金を払ってくれる業者というのは、資金繰りに余裕がある信頼できる業者ということになるのです。前の項目で、ホームページに住所や連絡先がしっかりと記載してある業者を選んでいるはずなので、さすがに振り込みもなく逃げてしまうような業者に連絡するということはないと思いますが、万が一経営が立ちゆかなくなり潰れてしまう直前の業者さんに制服を販売してしまえば、入金されない可能性がゼロではありません。審査のスピードと、審査から焼きまでのスピードが明確に記載されている業者を選びましょう。送った制服が到着してから営業日で2日から3日以内に査定の結果が出て、取引が成立してから1日から2日以内に入金が確定するというのが平均的なスピードです。ホームページに入金までのスケジュールが明記されている業者や、電話をした際にはっきりと入金日を伝えてくれる業者を選びましょう。逆に、電話で入金日を聞いた際に返答に困っていたり、時間がかかると言われてしまう場合は、その業者を利用するのはやめたほうがいいかもしれません。

3.個人情報流出の危険があるブルセラショップを見分けるポイント

個人情報流出の危険があるブルセラショップを見分けるポイント

制服を販売する際に、もっとも気にして欲しい部分は、販売価格ではなく、個人情報の流出問題です。それを防ぐ一番の方法は『公安委員会認可店舗』を必ず選ぶことです。HPに「公安委員会認可」と記載がない、「古物商免許証」番号の記載がない買取サイトは辞めた方が良いです。買い取り価格も確かに気になる部分ではありますが、自分の高校の制服の買取価格の相場さえ知っておけば、ある程度金額の予測はつきます。明らかにその相場より安い金額が提示された場合は、断れば良いだけの話です。しかし個人情報の流出に関しては事前にわからない部分も多いです。その他、個人情報流出の危険性がある制服買い取り業者を見分けるためのチェックポイントがいくつか存在するので、ご紹介します。まず1つ目は、ホームページに個人情報の取り扱いについての記載があるかどうかという部分です。個人情報保護法というものは制服買い取り業者に限らず、世の中の全ての人に適用される法律です。そのため、この個人情報保護法に違反してしまうと、どんな人であれ法律違反の対象となります。制服買い取り業者の中には少ないかもしれませんが、「プライバシーポリシー」という個人情報の取り扱いに関するスタンスを表示している業者があれば、そこは個人情報の取り扱いについて信頼できるといってよいでしょう。多くの場合は個人情報を入力する画面や、申込書のどこかにその記載があるはずです。逆に、一切個人情報の取り扱いについての記載がないまま住所や氏名などを書かせるフォーマットの画面が表示された場合は、その個人情報がどのように利用されるのかわかりませんので避けたほうがいいかもしれません。

制服を高く買取ってもらうための4つのコツ

せっかくお世話になった制服を販売するのであれば、1円でも高く売りたいところです。では、制服を高く買い取ってもらうためにはどのようにすればいいのでしょうか。実は簡単な方法が4種類存在します。ここではそのノウハウをお伝えしていきます。

1.リボンやソックスなどの付属品はセットで売る

リボンやソックスなどの付属品はセットで売る

まずその制服の付属品は全てセットで販売しましょう。リボンやネクタイ、スカーフなどはもちろん、上下の服や、冬服と夏服など、すべてがセットになっているとなお良いです。さらには、校章や学年章、スクールバッグなど、その学校指定の制服に付随するものがあれば、すべて付加価値になるので合わせてセットで販売するのが良いでしょう。

そもそもの使用目的は、その学校に新たに通うことになる生徒さんにその制服を有効活用してもらう、ということです。その場合、制服の付属品が一部欠けていたら、満足に着ることができませんよね。それに、多少古かったとしてもスクールバックなどがあった方が便利な事は間違いありません。後々で、そのセットを買い取ってその学校に通う人にできるだけ不便が生まれないように、ということを考えると良いでしょう。

逆に、必要な付属品がつかないと本来の相場より大きく安い金額で査定されてしまうことがあるので注意が必要です。

2.部活動のユニフォームなどもセットで売るとさらに高値での買取となる

部活動のユニフォームなどもセットで売るとさらに高値での買取となる

同じ理由で、部活動のユニフォームもあれば、セット販売することができます。

その高校の制服は、その高校に通ってれば全員が着るものですので、世の中に出回っている流通量も多くなりますが、部活動のユニフォームであれば、その部活に所属していなければ手に入らないものになりますので、流通量が少なく、希少価値が高いということになります。高校の制服と同様に部活動のユニフォームも、その高校を卒業してしまえば、もう二度と着ることがないものです。思い出の品として取っておくのもひとつの選択肢ですが、必要としている人の手元にまわして、自分にもお金が入る制服買取という手段を選ぶ方法もひとつの選択肢です。

3.買取シーズンに注目!

買取シーズンに注目!

制服の買い取り業者は、買取シーズンに査定額のアップキャンペーンを行っている場合があります。買取シーズンがいつなのかというと、3月、4月、10月、11月、つまり春と秋です。

なぜこの時期がシーズンなのかというと、まず3月4月といった春は卒業シーズンだからです。中学校や高校を卒業して、手元にある制服が不要になる季節です。このタイミングで、この不要になった制服を販売できないか?と考える人が増えるため、その時期に合わせて買取査定額のアップキャンペーンを行う業者が多いのです。

10月11月といった秋の季節は、夏服から冬服に移行する季節です。高校3年生や中学3年生のこの時期は、夏服を着る最後の機会が終了し、手元にある夏服をもう利用しないということがはっきりしています。そのため、卒業シーズンと同様、その夏服をどのように処理するのか考える季節なのです。もし卒業してからある程度の月日が経っており、季節に関係なく販売することができるのだとしたら、今すぐに売りに出すのではなく、制服買取シーズンを待ってから販売すると良いのではないでしょうか。例えば今が6月であれば、10月まで待ってみる、今が12月であれば、3月まで待ってみるということです。

4.制服がモデルチェンジする前に売る!

制服がモデルチェンジする前に売る!

制服は、その学校の人気にも直結する要素なので、何年かに一度モデルチェンジされます。私立高校などによっては、非常に有名なアパレルメーカーが制服を手がけているところもあります。

しかし、モデルチェンジをしてしまうと、過去に使われていた制服の需要が少なくなります。なぜなら、今後その学校に新入生として通う人たちは、古くなったモデルの制服を購入したとしても、使えないからです。そのため、もし自分の制服を販売したいと考えるのであれば、今後その学校が制服のモデルチェンジをしないかどうか調べておくことが重要です。モデルチェンジが行われるということが分かれば、急いで販売しなければいけません。

自分の制服の買取相場を調べるには?

制服の販売は、最も大きな目的がお金を得ることです。そのため、販売価格が相場よりも安かったらもったいないですよね。しかし、どの買取店も、「一番高く買取ります」と言っています。そんな中で、どのように利用する業者を決定すればよいのでしょうか。

まず調べて欲しいのは、自分が販売する制服の相場を知るということです。だいたいどのぐらいの金額で販売できているのかがわかれば、その相場よりも安い価格の査定が出た時に交渉する材料になりますし、金額が上がらなければ他の業者に査定を出すという選択肢も増えます。制服買い取りの相場は、新品で購入した際のだいたい1割程度になると考えて良いでしょう。また、実物査定ではなく写真などで見積もりを出している業者は2つの点で気をつけた方が良いです。1点は見積もりで提示された金額と実際の買取価格が異なるということです。実物をみずに買取額を確定することはできないので、見積もりはどうしても買取『上限』額となります。実際の買取価格はその1割程度なんてことはザラです。2点目は実物査定でないのに買取『確定』金額を提示する業者はブルセラ業者の可能性が高いです。いくら鮮明に写真を撮っても写真だけでは実物査定のように状態をはっきり確認できません。それで買取金額を出せるということは汚れていても良い、逆に汚れている方が良いとされているブルセラ業者の可能性が高いと思って間違いないでしょう。では、正しく自分の制服の買い取り価格の相場はどのようにすれば知ることができるのでしょうか。

中古制服の販売業者で販売価格を知る

中古制服の販売業者で販売価格を知る

一つの方法は、中古制服買取業者で買取価格を公開しているところで相場を調べることです。公開しているというのがポイントです。常に相場を調べよほど相場に詳しい自信がないと公開はできません。相場を公開している買取業者はなかなかありません。制服の買取相場を公開している買取店の1つは制服買取スクユニです。一度HPでご自身の学校の相場を調べてみると良いでしょう

オススメの制服買取業者

では、以上のことを踏まえておすすめできる制服の買い取り業者はどのようなところがあるのでしょうか。今回ご紹介したさまざまな基準を満たす制服買い取り業者を、3店舗紹介させていただきます。

制服買取リユース758

img-hero

制服買取リユース758」は、公安委員会に認定されている業者です。またHP上で各中学校高校の制服買い取り相場金額を検索できます。さらにこちらの人気の秘密はスペシャルエコプランという査定キットを頼まず自分で発送すると査定額が1,000円プラスになる点です。方法は簡単。査定申込書を印刷し、着払いで学生服を発送するだけ。一手間自分で行うことで査定が1,000円もアップするのでダンボールや袋などを自分で用意できる方にはオススメです!!

制服屋さん

制服屋さん

こちらの制服買取業者「制服屋さん」も、公安委員会に認定されている業者で、ホームページにはしっかりと個人情報の管理について触れられています。スマートフォンからでも簡単に申し込みができ、いくつかのプランの中からお手持ちの制服の分量に合わせたプランを選べばOK です。住所も明記されており、トラブルがあった時も安心です。そして何より大きなメリットがそのスピーディーさです。申し込みを行えば、最短翌日で買取キットを発送してもらうことができます。手元の制服を1日でも早く販売し、現金に換えたいと考えている人にはお勧めできます。

制服買取スクユニ

制服買取スクユニ

制服買取スクユニ」です。
こちらは、ホームページを見て頂ければ分かると思いますが、非常にしっかりとした中古制服の買取業者です。公安委員会からの認可も所得している業者です。ボランティア活動にも力を入れている買取業者です。またスクユニの良い所は事前に新品フルセットでの買取価格がわかるので、そこから大体の買取価格の目安がわかります。ホームページ上に実際の買取実績も表示されていますし、学校名を入力すれば自分の制服の相場がどの位なのかも分かります。買取までの流れも、非常に分かりやすく説明されていますので、初めて制服を販売する場合でも安心です。このスクユニを運営しているのは、制服だけではなく、着物、DWE(ディズニー英語教材)、ジャニーズグッズ、美顔器なども買取を行っている会社です。買取販売経験の豊富な業者なので、その意味でも安心できます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。制服を買取に出す事は、若干のリスクは伴うものの、信頼できる買い取り業者を選べば法律的にもモラル的にも全く問題はありません。むしろ必要としている人の手元に届くので、販売者自身にとっても、その後の購入者にとっても、そして制服自体にとっても良い事ばかりです。手元にある制服を販売することで現金を手に入れたいと考えているのであれば、今回お勧めさせて頂いた買取業者さんを利用して販売してみてはいかがでしょうか。また今回は執筆にあたってこちらの制服買取ランキングサイトも参考に致しました。合わせて参考にしてみてください

コラム:制服を売ると後悔する?

制服を売ると後悔する?

制服は、中学校の生活や高校の生活を象徴するものです。

卒業した後、何らかのタイミングで見かけた時などは、とても懐かしい気持ちになるでしょう。

卒業アルバムに近い存在といえるかもしれません。ただ、さすがに卒業してから何年も経つと、もう一度着る気持ちにはなかなかなれません。もしあなたにやりたいことがあったり欲しいものがあったりする場合、そのためにお金が必要なこともあるでしょう。そのためのお金が手元にないとき、「もう着ることがないのなら、売ってしまえばいいか」と考えて制服を売ってしまうのか「着ないとは思うけど、思い出の品だからとっておこう」と考えるのかはご本人次第です。

ただ、「制服を売ってしまって後悔するのではないか?」という不安を持っている人がいたら、その点に関してはあまり心配しなくても大丈夫です。その制服によほど強い思い入れがあるのであれば、そもそも「売ってお金に変えよう」などという発想が出てこないはずです。売ろうか悩んでいる時点で、取っておいたとしても10年、20年先まで押入れの中で眠り続けていることになるだけです。思い出の品というのは、よほど思い入れの強いものでなければ、手元にあっても頻繁に見る機会はありませんし、なければないで困ることはありません。

それならば、数千円、数万円というお金に換えてしまって、欲しいものを買ったり、やりたい事をしたりして、新しい思い出を作った方が建設的なのではないでしょうか。また、制服を買取に出して新しい持ち主の手元に渡ることで、新しい持ち主は安く制服を買うことができるので、経済的に助かります。そして何より、もう着られることがないはずだった、あなたの制服が再び活用されて、学校に通うことができるようになるのです。社会貢献の意味でも制服を買取に出すのはとても価値の高いことなのです。「売ったら後悔するから絶対に売らない」という強い気持ちがないのであれば、一度査定に出してみてはいかがでしょうか。

箱に詰めて送るだけ 買取キットのお申し込みはkちら! 査定・送料無料 ダンボール・着払い伝票・申込書 買取を申し込む