箱に詰めて送るだけ 買取キットのお申し込みはkちら! 査定・送料無料 ダンボール・着払い伝票・申込書 買取を申し込む

黒川高校ブランドとは!?制服買取はどうやるのがいいの?

黒川高校(正式名称:宮城県黒川高等学校)とは、男女共学の宮城県黒川郡にある高校であり、「公正」「友愛」「開拓」を校訓としている魅力的な高校のひとつに挙げられます。

明治34年に開校された創立120周年の歴史ある高校ですが、当初は黒川農学校としてスタートを切った背景があります。

専門学科を複数もち、県内外からも評判の高い高校と言えます。

偏差値だけで高校のレベルを計ると比較的入学しやすいと思われますが、やりたいことをやりたいという想いをもった学生が入学している傾向がある点は魅力的な学校であると言えます。

そうした事前情報を踏まえた上で、黒川高校という高校のブランドイメージとその制服について、ご紹介させて頂きます。

 

制服という視点での黒川高校ブランド

どのような制服で人気の制服であるかを知る前には、黒川高校のブランド力もひとつの要因とも言えます。

「公正」「友愛」「開拓」を校訓として掲げているとおり、健康的で社会性や情緒豊かな学生を育成するという点はありきたりではありますが、実際に教師と生徒が一丸となり、魅力的な学校とすること、人を育てる環境があります。

そうした点が、ブランド力となって今日があります。

制服においてもその精神は浸透しており、しっかりとしたデザインでありながらも女子学生からは、非常に評判の良い作りになっています。

のちに、説明するチェック柄という表現ですが、10年や20年前のイメージではなく、現在のトレンドに合ったチェック柄であることも人気のひとつと言えます。

 

黒川高校の制服の特徴

今や制服は、有名デザイナーがプロデュースしたり最新のトレンドを多く取り入れる学校も増えてきました。

奇抜さや斬新さや他校との差別化という視点でいくと、そうしたブランディングは学生集客においても重要なのかもしれません。

ただし、黒川高校においては男女ともにシンプルさが魅力でもあり、女子の制服においては他校と比較しても可愛さを持ち合わせているため、在学中の学生からも「この学校で良かった」という声もあがっております。

シンプルさと学年によるアレンジや学校自体が会議を重ねて改善しているため、他校ではなかなか取り入れられない生徒の声が反映されているとも言えます。

eeeee

引用:宮城県黒川高校の制服写真(No.9440) | 中学校高校制服ランキング

 

制服の特徴(男子)

男児学生の制服は、オーソドックスに冬服の制服はブレザーとスラックスで構成されています。

ブレザーはボタン3つで色はゴールドで、ネクタイにおいてはストライプとなっております。

配色としては濃いグレーでオシャレさを追求したものではなく、都会的なシャープな構成であり、清楚・親近感・学生らしさをイメージさせます。

夏服はシャツは薄めのブルーの配色で、スラックスは冬服と同様に濃いグレーです。

デザインは突飛なところはないものの、制服らしさと色合いには定評があります。

賛否両論あるのが、3つボタンがゴールドであることですが、全体の色合いからは引き立てるものと捉える人が大半ですが、一部ではゴールドでない方が良いという意見もありますが、僅かながら絞りだすとネガティブな部分になってはいます。

 

制服の特徴(女子)

デザイン構成は男子と同様のブレザーで、首物はリボンでスカートはプリーツスカートで白黒のチェック柄です。

プリーツスカートはご存知の方も多いですが、縦にひだを繰り返し重ねたスカートで、シンプルで清楚感があります。

このチェック柄も今の学生からすると、デザイン性が良いという意見が大半です。

 

制服の着こなし(印象・イメージ)

清楚感や好印象を強く出している一方で、夏服のときなどは、スカートやズボンの外シャツを出すことが多く、こちらについては学校も着こなしとして「良い」としています。

そのため、清涼感のある着こなしでありながら、ゆったりと暑苦しさを感じさせないような雰囲気をもたせています。

こちらも、あえてだらしなく着こなす学生がいないこともあり、印象やイメージを下げるようなところにはなっていません。

 

制服の着こなし(学年ごとの違い)

黒川高校の制服は、学年ごとの違いがあることも印象深い点です。

男子のネクタイと女子のリボンのそれぞれのストライプが各学年で違うため、少しの差ではありますが、制服イメージが異なっている点も面白みとオシャレなイメージが出ています。

 

制服における校則

他の学校と比較すると厳しさはなく、シャツを出すといったこともその表れのひとつです。

最近では、夏場に限っていうと学校指定の長い靴下ではなく、くるぶしあたりの短い靴下(くるぶしソックスなども含む)を履いても良いということに変わったという事例もあります。

他の点としては、学校が許容する事情などがある場合でスカートが履けないという女子学生については、指定のスラックスを履くことで代替しています。

 

黒川高校の制服考察

他校からの意見の多くが、女子学生の制服におけるスカートの色合いとデザインバランスが魅力的という多数のコメントがありました。

学年ごとに異なる色であることもあり、正規販売代理店においても安価にならない現状があります。

また専門性(普通科以外は、機械科・電子工学科・環境技術科)を有する学科を選択できることからも好まれる高校の一つであり、制服はその付加価値を上げるには十分なところと言えます。

東京・大阪・愛知・京都などにある有名校や進学校の制服という視点で比較すると、制服はプラスアルファで見られがちだが、黒川高校においては、専門知識を付けることに加えて制服のブランディングという印象が強い。

一般的なところでは、黒川高校が全国的に有名なのは「ものづくりのベース」を作るという点では知られていますが、制服などの印象は僅かであるのは確かです。

その中で、魅力を有する点は非常に強みでもあります。

ただ、非常にしっかりとしたつくりでもあるため、安価な制服とは言えず、成長時期によるサイズの変化などに対して、サポートされたいものの一つです。

まとめ

黒川高校の制服を売る際は、制服買取専門店を利用しましょう。ヤフオクやメルカリを利用するよりも遙かに安心・安全です。

また、買取店選びの際は、ぜひ当店(スクユニ)のご利用もご検討ください。

スクユニは、「中学校、高校に新しく入った新入生に、質の良い、キレイな中古制服を安く提供したい」という想いで中学校・高校の中古新品制服の買取・手直しを行っています。

公安委員会の認可取得済みで、買取実績は30,000件を超えます。

査定料・送料は無料ですので、ぜひお気軽にご利用ください。現在、査定額アップキャンペーン実施中です。

箱に詰めて送るだけ 買取キットのお申し込みはkちら! 査定・送料無料 ダンボール・着払い伝票・申込書 買取を申し込む