箱に詰めて送るだけ 買取キットのお申し込みはkちら! 査定・送料無料 ダンボール・着払い伝票・申込書 買取を申し込む

高校の制服を買取してもらうときの注意点、メリット・デメリットとは?

main_制服買取注意点
「これから大学に入るし、もう高校の制服売っちゃおうかな~。」これから大学生になる人の中には、卒業してからこう考える人も多いでしょう。最近ではメルカリ、ヤフオクなどのフリマアプリやオークションアプリで個人が中古品を売れる時代。未成年でも比較的簡単に販売することができるため、卒業したら制服を販売しようと考えている人も多いはずです。

しかし、あまり知られていないのですが、フリマやオークション店舗は制服の出品を禁止している店舗がほとんど。限られた店舗でしか、制服買取ができないのです。

それを知らないで出品してしまうと、思わぬ危険が降り掛かってくることにもなりかねません。正しい買取の手順やメリット・デメリットを知って、不要になった制服を賢くお金に替えてみてくださいね。

制服買取のメリット・デメリット、注意点

では実際制服を買取してもらうときに、どんなメリット・デメリットが考えられるのかを考えてみましょう。

◯メリット

制服を買取してもらう場合のメリットは、以下の3点です。

・不要品を売ってお金に替えられる

まず一番のメリットとしては、不要品を捨てるのではなく、売ってお金にできるという点です。お金に替えることができれば、何かと物入りになる大学生活の足しにすることができるでしょう。

・再利用してもらえる

中学・高校などの制服というものは、その学校を卒業してしまった瞬間に使わなくなり、クローゼットの奥に吊るされているだけになっていることが多いもののひとつ。長年着られるようにデザインされ、丈夫な生地で作られているから、使わなくなったから捨てるというのはもったいないと感じる人も多いでしょう。

しかし、買取してもらえば自らの手で捨てることなく再利用してもらえます。自分の大切にしていた制服を他の誰かに使ってもらえるなら捨てるより断然良いと考える人も少なくないでしょう。

・クローゼットのスペースが空く

着る機会の少ない洋服がクローゼットを埋めている場合もありますが、制服もそういう存在になり得ます。夏服・冬服で1セットだとクローゼットの中でも結構幅をとってしまうもの。スペースを新生活のために空けて、快適な空間を作りましょう。

このように思い出の品である制服を手放すとしても、売ることに大きなメリットがあるといえますね。

◯デメリット

メリットを知ったところで、デメリットについても考えてみましょう。結論としては、「安心安全な制服買取店で売る」です。
デメリットは以下の2点があります。

・メルカリ、ヤフオク、ラクマなどのフリマアプリでは「出品禁止」です

メルカリ、ヤフオク、ラクマなどフリマアプリでは出品禁止であり、運良く出品できたとしても運営者に見つかった時点で「アカウント停止」にされ以降そのフリマアプリは利用できなくなってしまいます。メルカリやヤフオクが利用できなくなってしまうのは辛いですよね。

・信頼できるところでないと個人情報が不安

メルカリ、ヤフオク、ラクマなどフリマアプリで売却した場合や、信頼できる制服買取店でない場合、個人情報が漏れることがないか、気になる人も多いはずです。個人情報の流出で面倒が降りかからないように注意して、信頼できるところで販売するようにしましょう。

知らずに販売してしまうことで危険な目に合う可能性や、ペナルティが課される場合もありますのでよく調べた上で買取依頼をするようにしましょう。

◯制服買取をしてもらうときの注意点とは

では制服を買取してもらうとき、制服を売る店舗をどのように選べばいいのでしょうか?売ることができる店舗は、「公安委員会認可」がおりているところのみと決まっています。自分が制服買取を依頼しようとしている店舗が、公安委員会の認可がおりているかどうかはよく確認し、信頼できるところで販売するようにしましょう。

メルカリ、ヤフオクで中学・高校などの制服が売却できない理由

悪用される危険性
先程制服自体の出品がNGのところも多いとご紹介しましたが、なぜそのように売却が制限されているかはご存じでしょうか。なぜかというと、悪用される危険性の高いものだからです。ちなみに公務員の制服も販売することができません。公務員の制服、例えば警察官の制服が普通に販売されていたとしたら、どんなことが起こるか想像できるでしょうか。犯罪者が警察官の制服を購入して着用し、警察官のフリをして民家に押し入る、あるいは騙してお金を奪うなど、さまざまなことに悪用される可能性もあります。

これを知らずに出品してしまっている人も多く見受けられますが、自分の身を守るためにもよく確認しましょう。
中学校、高校の制服、学生服に関しては学校の「バザーなどでも売られている通り、安心安全な公安委員会認可の制服買取店だったら安全に売ることができる」と言えます。

公安委員会認可のおすすめ買取店舗をご紹介!

ここでは、公安委員会認可のおすすめ買取店舗3つをご紹介していきます。安全性の高い店舗ばかりなので、買取価格の高さや送るときの利便性、振込の速さなどを総合して使いやすいところを選んでみてください。

1.リユース758

reuse758_img

公安委員会に認可の買取店舗。スクユニと同じくネットでの無料査定とLINE査定の両方を展開しています。買取金額は1~2日で連絡が来るので、意外に早く手元にお金が来るのがありがたいはずです。買取金額に納得したら早いと、当日に振込してもらえます。

2.制服屋さん

制服屋さんも公安委員会認可店舗で安心。こちらは買取キットのタイプがフルセルフプラン、セルフプランと、らくらくプランで選べます。買取キットもなしで申し込み用紙も自分でプリントアウトするフルセルフプランの場合は査定額に+1,000円、伝票と申込書を送付してもらえるセルフプランは査定額+500円となります。らくらくプランの場合は査定額にプラスはありませんが、届いたものに詰めて送るだけなので、とても便利です。学校の制服以外にガールスカウトや企業の制服なども一緒に販売できるので、他のものも一緒に送りたいのであれば、おすすめです。

3.スクユニ

制服買い取りのスクユニは公安委員会認可店舗。買取実績が30,000件を超えていて、多くの人に選ばれているのがわかります。買取実績も公開されており、しかも相場価格よりも高い金額で買い取られているので、臨時収入にもなりそう。キャンペーンなどで査定額をアップしている時期もあるのでよくチェックしてみてください。ネットでの無料査定以外にLINEでの査定もありますし、買取キットが届いてそれに詰めて送るだけでOKなのでとても便利です。また、最短で発送の翌日に振込することもあるほどなので、早く手元にお金が欲しいときにはピッタリ。

これらの店舗を利用すれば、これまで制服は捨てるしかないと考えていた人でも、他の人に使ってもらえてお金に替えられる喜びを味わえるはずです。手間もかからず高く売ることができ、振込が最短で発送の翌日ということですから、メリットがたくさん!売る方も買う方も両方がハッピーになれる、安心安全な中古の制服買取店舗を利用して新生活を始めてみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回は高校の制服を販売したいと考えている人のために、高校制服買取の注意点やメリット・デメリットをご紹介しました。知らずに販売すると面倒に巻き込まれる可能性もありますので、しっかりメリット・デメリットを把握して、安全な店舗で販売してみてください。

箱に詰めて送るだけ 買取キットのお申し込みはkちら! 査定・送料無料 ダンボール・着払い伝票・申込書 買取を申し込む