箱に詰めて送るだけ 買取キットのお申し込みはkちら! 査定・送料無料 ダンボール・着払い伝票・申込書 買取を申し込む

制服買取業者「スクユニ」は怪しい?徹底解明!

20181101_main_ph

制服買取業者「スクユニ」は怪しい?徹底解明!

みなさんは学生時代に使用していた制服を着用しなくなった後どのように処分しましたか?後輩に譲った方もいるかもしれませんし、すでに捨ててしまった方もいるでしょうが、なんとなく捨てられずにまだ保管しているという方は多いと思います。
思い出として保管したい気もするけれど、持っていても今後着ることはないですよね。そんなタンスの肥やしのようになってしまっている学生制服を、今後学生となる人達に利用してもらうために売ってしまえるとしたらどうでしょうか?
どうせ使わないのなら、少しでもお金に換えることができ、さらに人の役に立てば嬉しいですが、中には怪しい会社もあるようです。
そこで、今回は、制服の買取りと買取業者について「怪しい」のか「怪しくない」のかご紹介させていただきます。

怪しい?怪しくない?制服を売るのは違法ではないの?

制服を売るといっても、まず本当に制服を売って良いのか疑問に思う方もいると思います。今流行りのメルカリやラクマなどのフリマアプリは、青少年保護・育成の観点から使用済みの学生服の出品を禁止しています。ですが、制服は個人で買った衣服ですから、売ること自体に違法性はありません。ただし、ネットのオークションなどでは落札者がどんな人なのか分からなかったり、落札後にお金が振り込まれなかったりといったトラブルが起こるかもしれませんので、なるべく制服買い取りの専門業者を利用した方が良いでしょう。

怪しい?怪しくない?どんな買い取り業者が信頼できる?

ネットで検索すると、どこで売ればよいのか迷ってしまう程の様々な制服買取業者が出てきます。なるべく高値で買い取ってくれて、かつ信頼できる業者を選びたいですよね。
そこで今回は「制服買取専門店スクユニ」という買取業者について調べていきたいと思います。

sukuyuni_web

ネットでスクユニを検索すると「怪しい」というキーワードが出てきますが、実際どのような業者なのか、本当に怪しい業者なのか見ていきたいと思います。

怪しい?怪しくない?公安委員会の認可取得済

リサイクルショップや古着屋など中古品を扱う業者は、その営業所のある都道府県の公安委員会に申請をして古物商許可を取得しなければなりません。
これは盗品等の売買や盗品の発見のために、警察が古物商業者を把握しておく目的で取得が義務付けされているのですが、この許可を取得せずに中古品の売買をしている業者は違法となります。
スクユニのホームページには、古物商許可証の番号が明記されています。古物商許可を取得している業者は古物営業法にのっとって営業を行いますので、個人情報の管理もきちんと行われており制服を手放した事が第三者にばれるようなリスクもありません。
その点ブルセラショップなどは、古物商の免許を取得していないことが多く、個人情報漏えいのリスクがありますし、アダルト目的で利用される可能性が高いため青少年保護法に抵触する危険もありますので、そのような怪しい会社を利用するのは絶対に避けましょう。

怪しい?怪しくない?買取実績数30,000点突破

20181101_column_ph_02
古物商許可を取得していることに加えて、これまでどれほどの買取り実績があるのかも気になるポイントですが、スクユニは買取り実績30,000点を突破とあります。
これは制服買取業者の中でも相当数の実績数だと思います。豊富な買取り経験を持っているということですから、怪しいことは無いように感じ、信頼度は高いのではないでしょうか。
またスクユニのWEBサイトでは「買取実績ブログ」というページで買取り実績のある高校とその高校の制服買取り額の目安金額が紹介されているので参考にされるのも良いでしょう。

怪しい?怪しくない?ボランティアで制服を寄付

スクユニでは、定期的に海外の貧困地域に対して制服を寄付するボランティアを行っているようです。日本では、学生であれば当たり前のように全員が制服を着ていますし、それも新品の制服を買ってもらえる人が多いですが、世界を見れば貧困により服を買ってもらうこともままならない子供達が多くいます。
あんなに高い値段で買った制服なのに、学校でしか着られないものなので、数年着用したら捨ててしまったりタンスの奥底に眠ってしまったりというのは、こういった貧困地域の子供達からみれば本当にありえないことです。制服を手放すことで困っている子供達の手だすけができるのであれば、手元に保管しておくよりも売ってしまったほうが良いのではないかと思えてきます。

ここまで見てきた結果、スクユニは怪しいということはなく、きちんと営業をしている信頼できる制服買取業者だと思います。買い取った制服も、ボランティアに利用したり、新品の制服を買うことができない家庭向けに販売したりしているようなので、不安なく自分の思い出の制服を託すことができるでしょう。どうせ売るのなら、中古の制服を本当に必要としている人に届けたいですよね。

どうやって買い取ってもらうの?

20181101_column_ph_01
では、スクユニで制服を売るためには難しいことがあったりお金がかかったりするのでしょうか?スクユニでは無料の査定をしていますので、まずは自分の制服がいくらになるのかを査定してもらいましょう。WEBまたはLINEから買取キットを申し込むと自宅にダンボールと申し込み用紙が届きます。
届いたキットに査定してもらいたい制服を入れて着払いで発送するだけで、お金も手間もかかりません。フリマアプリのように自分で商品の写真をとったり伝票を書いたりといった難しい処理や手間がかかりませんので、忙しい方でも簡単に査定に出すことができます。キットを発送後、数日後に査定の結果連絡が来ますので、その金額で同意できればすぐに入金があります。
査定金額に納得できない場合、返送の郵送料はかかりますがキャンセルも可能ですので、いくつかの業者と査定金額を比較してみるのも良いかもしれません。せっかくの思い出の制服ですから、なるべく高値で買い取ってもらえるようにしたいですよね。

少しでも高値で売るためには?

では少しでも高額で買い取ってもらうにはどうすれば良いのでしょうか。まず制服はクリーニングに出し、少しでも綺麗な状態にしましょう。
また、夏冬服一式をセットで売ったり、指定の上履きや体操服、鞄、靴下、校章をセットにしたり、部活動のユニホームを付けるなどで査定金額は高くなります。またスクユニでは「お友達紹介」という、紹介者と紹介されたお友達双方に500円ずつプレゼントされるというサービスがあるみたいですから、お友達を誘って一緒に制服を査定してもらうのも楽しそうですね。

怪しいかどうかを自分の目で見極めましょう

20181101_column_ph_btm
ここまで、制服買い取りについて、制服買い取り業者スクユニについてみてきました。制服を売るとなると、アダルト目的で利用されてしまうのではないかといった不安や、どんな相手に販売されるのかも分からない怖さもあり、怪しくてあまり良いイメージのない方も多かったと思います。
しかし、今回みてきたように、きちんと許可を取得している信頼できる業者であれば、制服であっても他の衣服と同様に気兼ねなく古着として売ってしまって大丈夫です。
今回ご紹介した制服買取スクユニでは、公安委員会の許可をきちんと取得しており個人情報が漏れる心配もありませんし、ボランティアに力を入れていることもあり、制服を売ることで少しでも他人の役に立っているという実感が持てます。
日本では、中学生・高校生は高額の学校指定制服を買うというのが普通のことですし、私立であれば小学校でも指定の制服を買わなければならないこともあります。数年しか着用しないものなのに、数十万円の金額をかけてまで買わねばならないというのはよくよく考えればもったいない事ですよね。
高額で買った制服を高く売り、その制服を新入生が安く買うことができればお互いに利益となります。もし使わなくなった制服があれば、買い取りを検討してみては如何でしょうか?

箱に詰めて送るだけで、買取完了無料査定に申し込む口コミをみてみる
箱に詰めて送るだけ 買取キットのお申し込みはkちら! 査定・送料無料 ダンボール・着払い伝票・申込書 買取を申し込む